西東京市、武蔵野市 地域に根ざした介護老人保健施設を目指します

ご挨拶

施設長のご挨拶

栗田 明(くりた あきら)

施設長

 加齢に伴う身体機能の変化と当施設の抗加齢の取り組みについて
現在当施設の入所者の平均年齢は約86歳で女性が65%、男性35%の割合です。高齢者が利用される老健は入所者の老化を遅らせ精神的にも安心した生活が送られるような施策が基本姿勢です。そのためには加齢にともなう身体の変化を正しく理解することが肝要です。そこで加齢にともなう身体機能の諸変化と我々の日頃の取り組みについて概略をご説明します。

(1)加齢に伴う身体機能の変化:一般に高齢者の場合動脈硬化により血管弾性が低下し血管壁が肥厚し末梢血管抵抗の増加により脳、心臓、肝臓、腎臓、消化器、脳、内分泌系器官への血流が減少し全体として高齢者はストレスに対する反応力が低下します。すなわち心血管系では心拍数は低下し徐脈になりストレスにさらされると不整脈や冠血管の動脈硬化により狭心症の発作が誘発されやすくなります。肝臓は加齢により肝臓の組織が減少し薬物の代謝能力が低下するので薬の副作用が出現しやすくなります。腎臓は加齢による腎動脈の硬化で血流量が減少し腎臓の濾過作用が減少し老廃物の除去作用が低下します。したがって血圧が上昇し下肢に浮腫が出やすくなります。消化器系では唾液や胃液の分泌量の低下により便秘を起こしやすくなります。さらに加齢による脳動脈の動脈硬化性の変化により脳の血流量が減少し記銘力の低下や認知能が進みやすくなります。人によっては興奮しやすくなったり逆に抑うつ状態になったりします。内分泌系に対してはとくに甲状腺に変調を起こしやすく甲状腺機能低下をきたして無表情になりうつ状態が加速することがあります。高齢者は身体機能の予備能が全般的に低下しているのである臓器が悪くなると他の臓器に機能の減弱が波及し一層回復が遅くなります。従って老健などの高齢者施設では健康寿命を延ばす取り組みが重要です。

(2)老化を遅らせ健康寿命の延伸をめざす取り組み:当施設では入所時に認知能について調べるとともにリハビリや食事内容についても担当者が説明するように心掛けています。リハビリによる運動は老化の予防に有効です。N Eng J Med誌で発表された研究によると運動習慣のある人の90歳までに死亡する確率は0.83に対し、高血圧は1.28、糖尿病は1.86、喫煙者は2.10、と報告されています。同様な事実はオリンピック出場選手の死亡率が低いことや米国大リーグの野球選手の寿命が長いことが知られており、特に持久運動競技の選手の心臓疾患や糖尿病のリスクが低いことが知られています。従って入所時に血圧や心拍数や体重や歩行能をチェックして個人毎に運動量を決めます。最初は短期集中を週5日、3カ月行います。以降は週2~3日各人にあったリハビリを行っています。さらに食事は老化の予防阻止に役立つように全粒穀物、豆、ナッツ、葉野菜、食物繊維製品や動脈硬化を予防するとされるEPA(エイコサペンタニック酸)の多い魚を美味しく味付けをして栄養価を考えて提供しています。ときには肉料理やカレーなどを加えてバラエティを考えて美味しく召し上がっていただけるように心掛けています。さらに各入所者の食事の摂取量をカルテに記載し、医師の回診時などに報告して入所者の健康が守られるように努めています。

以上加齢による身体機能の経年的な変化と当施設の入所者の大まかな取り組みを紹介させていただきました。是非食事の時間帯などにご見学いただければ幸いです。

栗田 明

事務長のご挨拶

堀野 幸一(ほりの こういち)

image2
ご利用者様に寄り添う気持ちを大切に
当苑では、「ホスピタリティー」を重んじております。一般的には、もてなすことを意味する「接遇」を意味します。
介護の現場では、ご利用者様やご家族様に対して、挨拶や丁寧な言葉遣い、立ち居振る舞いといったマナーの実践は基本です。
「マナー」は相手に不快感を与えないための最低限のルールですが、そこに「心」が加わることによって「ホスピタリティー」になります。
ホスピタリティーは、相手に対して深い心地よさと信頼感、そして安心感と感動を与えます。
施設職員は、ご利用者様の聞き役に回る場面が多々あります。ご利用者様が伝えたいことは何か、まずは一生懸命聞くことが大切だと思います。
相手に伝えたい、相手の伝えたいことを理解したいという双方の熱意がなければ、コミュニケーションは成立しません。
そして、お互いの思いを理解し共有できた時は、「伝わった」という感動が実感できます。
やはり施設職員として求められるのは、状況に応じ相手の気持ちに寄り添う、柔軟性のあるコミュニケーション能力です。
今後も武蔵野徳洲苑では研修会や勉強会を通して、ホスピタリティーを追及していきます。

丁寧にご説明いたします。お気軽にご相談ください。 TEL 042-465-0800 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 武蔵野徳洲苑 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.